★生涯青春★


by succhinnmax

カテゴリ:★映画★( 117 )

★最高の映画とは★

「今まで見た映画で、何が一番すきですか?」

答えは、これですね。

これに勝る映画は、まだ、なさそうです。

f0125914_2216138.jpg

[PR]
by succhinnmax | 2011-10-16 22:30 | ★映画★
みなさんは、『マリリンに逢いたい』という映画をご存知でしょうか。

自分が小さい頃の映画と言えば、これかなと。

さして、ストーリーとか覚えとるわけじゃないんじゃけども。

要するに、犬が海を泳いでわたるっていう映画。

たぶん、当時は『世界の中心で愛を叫ぶ』ぐらいのヒットを飛ばしていたはず。

ワシらの代は、「マリリン」と言えば、この映画じゃね。

今日、居酒屋で、ちょいと映画の話になったときに、

ついつい思い出してしまいました。

改めて調べてみると、上映は、1988年。

あらすじを読んでみると、

「マリリンに逢いたい」のは、犬のシロ。

てっきり、マリリンに逢いたいのは、人間の誰かかと思っとりましたわ。

んで、この映画のキャスティングもなかなか豪華な感じ。

安田成美、笑福亭鶴瓶、石野真子、三浦友和などなど。

犬が主演の映画とは思えないほど。

そうかぁそうだったかぁ。

まぁたぶん、ワシはこの映画を見たことはあるんじゃろうけども、

まったくもって覚えてねぇな。

ただ、『マリリンに逢いたい』っていう映画のタイトルだけは、

めちゃ覚えとる。

ちきしょう、見たくてしゃーない。

っと思って、アマゾンで検索したら、DVDが買えるっぽい。

さらに、『ぼくらの七日間戦争』も販売中!

ふぅ。

そりゃ、貯金も全然貯まりゃーせんわ。

とりあえず、このCM集で、我慢すっかね。

9分15秒~9分30秒の間、『マリリンに逢いたい』のCMが流れます。


[PR]
by succhinnmax | 2011-09-22 02:02 | ★映画★
裁判員制度って、ほんとにやっとんかね。

っと思ったら、ちゃんとやっとんじゃね。

始まってから、もう1万人ほどの人が、選ばれたとかで。

約2000件の裁判員裁判が行われたとかで。

厳選なる抽選で、来年度の候補者名簿が作られるらしく、

毎年11月に来年度の裁判員候補の人に通知が届くらしい。

人生で、一度は選ばれてみたいもの。

そういえば、東京マラソンの申し込み期限が過ぎてしまった。

「今日出来ることを、明日に延ばすな!」とは、

よく言った格言ですね。

今日出来ることを、明日に延ばしても、

何もいいことは、無いんですよ。

今日できることは、今日やらないと。

時には、とんでもなくメンドクサイことになっちゃうわけで。

「昨日、やっとけばよかった。」

昨日にはもう、戻れんけぇね。

人生、後悔の連続ですが、過去を考えるよりも、

未来を考えながら、日々過ごしてみましょう。

過ぎ去ってしまったことなんか、どうでもいいでしょ。

変えられないものは、変えられないわけですから。

って、考えると、明日、会社を無断欠勤したとして、

明後日になれば、それは過去のこと。

明後日まで我慢すれば、どうでもいいことになんのかね。

そうすりゃ、明後日も会社に行かんかったら、明明後日には過去のこと。

どうでもいいことになんのかね。

後悔の無いような、ミスの無いような、

そんな世界はありゃせんけぇね。

過去を償い、未来へ向かう。

めんどくさいけど、そういうことじゃね。

そうなんですよ、

ワシが思うに、人生ってのは、めんどくさいことの塊で出来てます。

めんどくさいことを、どれだけハッピーな気持ちで乗り切れるか。

乗り切った後に、何が待っているのか。

乗り切った後に、何の傷跡を残せたのか。

乗り切った後に、目の前に見えるものは何なのか。

そこに人生の価値が、あるのかもしれませんね。

あ~、東京マラソンかぁ。

応募しとけば、当選しとった気がする。

うむ、きっとそうに違いない。

f0125914_19211296.jpg

[PR]
by succhinnmax | 2011-09-04 20:08 | ★映画★
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』

見た。

3時間近くあって、疲れた。

3Dじゃったけど、まぁ、そんなに3Dを感じるほどでもなかったかな。

いや、十分、面白じゃたけどね!

ヒロインの女性が、1作目2作目とは、ちがう人が演じてましたな。

作品の中では、主人公が「ふられた」って、言ってましたけども。

ミーガン・フォックスという人が1作目2作目のヒロイン。

今回の3作目が、ロージー・ハンティントン・ホワイトレイっていう人。

ぶっちゃけ、前作までのヒロインの方が好きですね~。

3作目の降板は、ミーガン・フォックスという人が、

スピルバーグ監督を怒らせたとか、

痩せすぎてキャラに合わないとか。

いろいろと大人の理由があるみたいですけども。

ミーガン・フォックスという人は、

パイレーツにも出てるみたいですね。

人魚役か。

ふーん。

やっぱり、配役を変えずにずっと続けるからこそ、

いい味がでてくるわけでして。

たとえば、ハリーポッターのハーマイオニーを演じるエマ・ワトソンが、

とつぜん降板して、作品の途中で急に、

「ハーマイオニーは、ホグワーツ魔法魔術学校を辞めました」

的なことになっていたとしたら、

作品の人気は、こんなにも出とらんでしょうに。

ついでに言いたいのが、

こち亀の両さんを、香取慎吾とかいう人が演じていることについて。

非常に遺憾であると。

原作の秋本先生は、「両津はラサール石井で」と行っていたようですが、

ジャニーズという空気の読めない意味不明な会社の圧力に、

TBSが屈せざるを得なかったと、噂が。

そもそも、ドラマも視聴率低くて途中打ち切りっぽかったのに、

よくもまぁ、映画にしちゃったもんですね~。

香取慎吾という人、めちゃくちゃかわいそうですね。

一番の被害者は、香取慎吾という人ですね。

座頭市もそうですけど、

香取慎吾という人には、なぜあんなにも似合わない役ばかり回ってくるんでしょうか。

すべては、ジャニーズという空気の読めない意味不明な会社のせいなのかなと。

こち亀の映画のDVDが発売されたら、

ぜひ、ブックオフで買おうと思います!

アニメとか、漫画とか、

そういうのを実写化するときは、

キャスティングは一般投票みたいなのがあればいいな~っと。

今、深夜に「ろくでなしBLUES」やってますけど、

あれ、クソですね。

なんか、腹たつ。

もうちょっと、似せてほしいですね。

山下勝嗣役の奴は、ちゃんとパンチパーマにせぇや!!

ただ、あのドラマのおかげで、

「ろくでなしBLUES」をもう一度読みたくなりました。

まぁ、ようするに、映画館で食べるキャラメル味のポップコーンは、

最高に上手いってことじゃね。

間違いないね。

f0125914_2226513.jpg

[PR]
by succhinnmax | 2011-08-21 22:47 | ★映画★
『コクリコ坂から』

後輩君と、劇場へ。

素晴らしい映画でした。

感動しました。

あの、世界観が、いいですね~。

あの昔の時代を舞台にしたところが、

ワシにはたまらんね。

なんで、あの頃に生まれ育たなかったんかな~。

今のごちゃごちゃした現代なんかよりも、

よっぽどおもしろかったんじゃねぇかな~。

いや、ジブリの世界が、良すぎるだけかもしれんね~。

もう、現代社会には、飽き飽きですわ。

パソコン、携帯、スマートフォンやら、ipadやら、

機械に囲まれたこの世の中、

もう、飽きた。

普段の生活だけでも、多くの複雑なテクノロジーに囲まれて生きているわけで、

さらには、仕事でもパソコン相手に仕事をしている、今、この状況。

くだらん。

ほんとに、くだらんよ。

もっと、こう、

テレビが家にやってくるだけで、近所中が大騒ぎになるぐらいの時代に、

生まれたかったもんじゃな~。

無いものねだりというか、

いや、「無い」ことを願うわけであって、無いものをねだるわけではなくて。

はぁ。

今、何か願い事が叶うのであれば、

「神様、いますぐに、全世界のネットワークが、

スカイネットに支配されてしまいますように!」

そしたら、今のIT業界も根こそぎ無くなって、

世界に平和が訪れると思います!

そして、もしも、生まれ変われるのならば、

魔女の宅急便の世界に生まれたいですね~。

f0125914_0151517.jpg

[PR]
by succhinnmax | 2011-08-14 00:45 | ★映画★

★遠くの空に消えた★

『蜂は航空力学的に言えば、飛べる構造じゃないらしいんだ。

 なのに、実際は飛んでるだろ。 何故だと思う?

 蜂は飛ぼうと思ったから飛べたんだ。』

f0125914_17573560.jpg

子供向けの映画なんかじゃない。

世界を変えるために大切なことを、教えてくれる映画。

大人の世界は、くだらないことで出来上がっている、空想世界。

今、社会と言う名のピラミッドの底辺。

「どうしてですか?」「そういうきまりだ。」

「なぜですか?」「上の人が決めたことだ。」

「できません。」「では、自ら死を選ぶがよい。」

不可解な暗黙のルールに縛られた、いわば、ピラミッドの牢獄である。

頂点の思想は、水のごとく、

底辺にたどり着くまでには、枯れ果て、届かぬ。

ピラミッドの一部にはめ込まれてしまえば、

脱獄することは、容易ではない。

脱獄した先に、何があるというのか。

砂漠か、オアシスか、はたまた、違う牢獄なのか。

ただ、抗うことは、罪ではない。

ピラミッドの底辺で、揺れ動こくことは、できる。

抗うことは、罪ではない。

それが、出来るのであれば。
[PR]
by succhinnmax | 2011-07-24 18:44 | ★映画★

★インシテミナイ★

f0125914_237788.jpg

インシテミナイですね。

そりゃ、インシテミナイですよ。

非常に、つまらん映画だった。

期待はずれすぎる。

キムタクが、「キムタク」しか演じられないように、

藤原竜也も、「藤原竜也」しか演じられんのですね。

つまらん。

非常に、つまらん。

楽しみにしとった分、非常に、つまらんかった。。。

こういうのを、2時間映画とかにしようとするけぇ。

ドラマとかで、ダラダラやった方がいんじゃないっすかね~。

まぁ、面白さは人それぞれじゃけどね。

宣伝とか、あらすじとか、何も知らんかったら、えかったかな。

あと、藤原竜也が出る映画は、人がたくさん死んじゃう。

命をモテ遊ぶ系の映画にしか、出てない気がするなぁ。

とにかく、ただ、人が死んでいくだけの映画だったきがするなぁっと。
[PR]
by succhinnmax | 2011-07-10 23:44 | ★映画★

★不朽の名作とは★




みささんは、やったことがあるだろうか。

『ゼルダの伝説 夢をみる島』を。

クリアして、エンディングを見たことがあるだろうか。

自分がクリアしたのは、中学2年のとき。

youthbeはカラーじゃけど。

ワシはカラーのゲームボーイは持ってなかったので、白黒でしたが。

あの、太い初期のゲームボーイで。

ゲームをほとんどやらないワシが、このエンディングを見たいために、

何どもクリアした、このゲーム。

ストーリーとしては、

まぁウィキペディアで、適当に読んで欲しいんですけども。

とにかく、初めてこのエンディングにたどり着いた時の、あの感動。

あの、せつない感じ。

ゲームをクリアして、あんなに心に響くエンディングがあっただろうか。

なんとも、子供ながら、心にぐっときたゲームです。

懐かしいです。

ゲームも、たまにはいいもんです。

そうそう、エンディングと言えば、『イーグルアイ』っという映画を、

土曜プレミアムでやってまして。

まぁ、録画していたので、楽しみにしてまして、今日、見たんですけども。

なんとも、遺憾とする内容だった。

内容は、面白かったのに、エンディングが最悪だった。

最悪だったというか、エンディングがカットされていた気がする。

意味が分かりません。

そろそろエンディングかな~っと思っていたら、

急に、『アンダルシア 女神の報復』の宣伝に切り替わる。

こういうのを、放送事故って言うのではないかしら。

せっかくの面白い映画が、台無しです。

ふぅ。
[PR]
by succhinnmax | 2011-06-26 22:38 | ★映画★
f0125914_2238618.jpg


完全なものよりも、

不完全なものの方が、優れている。

そういう話だったかどうかは、わからんけどね。

実家に帰ったら、もう一回読んでみよう。

将来が、ターミネーターのようなスカイネットが支配する世界じゃなくて、

きまぐれロボットのような未来なら、いいですね~。
[PR]
by succhinnmax | 2011-04-24 23:31 | ★映画★
ラブホテルは、一般的に、男と女がセックスするところ。

そんな場所の、屋上に、公園。

セックスしている上で、のんびり囲碁を楽しむ老人。

セックスしている上で、滑り台で遊ぶ子供。

セックスしている上で、子供をあやすお母さん。

この映画が連ドラになったら、絶対見ますね。

いや、逆につまらんくなるか。

精子はなぜ、競争するのか。

ひとつの卵子をめがけて、3億の精子が放たれる。

1つに対して3億という、この世で一番競争率が高いことは間違いない。

いったい何のために?

なぜ、そこまでの数が必要なのか?

そんなことは、この映画では全く語られることはありません。

f0125914_0373155.jpg

珈琲とミルク。

音の聞こえない人に、

音の聞こえそうなものを差し出しても。

音が聞こえるわけじゃない。

音を聞かせたいのなら・・・・。
[PR]
by succhinnmax | 2011-03-05 01:14 | ★映画★