カテゴリ:★旅★( 73 )

★日暮里でしっぽり★

f0125914_2281946.jpg

こないだのはなし。

なんだか、急に、マックシェーク飲みたくなるとき、あるよね。

山手線を途中下車してまで、飲みたいとき、あるよね。

ってことで、日暮里でぶらり途中下車。

駅の目の前に、マック発見。

「マックシェークのバニラMとポテトMください」

マックシェークのバニラと、マックのポテトは、

翼くんと岬くんの、ゴールデンコンビにも勝るともおとらん。

席は、なんだかわかりにくい階段を登った2階。

なかなか夕方だと、高校生やら学生やらが多くて、なかなか席が無い。

っと思ったら、カウンター的な席が1つ空いておりまして。

すっと、その席に座り、ポテトをもぐもぐ。

その席の隣には、大きな荷物が一つ、椅子の上に置かれており、

そのさらに隣には、一人の女性が座っておられました。

なにやら、画用紙に絵を書いてらっしゃる様子。

画家?

にしては、太いマジックで、何か書いてらっしゃる。

芸人?

にしては、なんだか清楚な感じ。

まぁ世の中いろんな人がおる。

ワシがすべきは、今、このゴールデンコンビを食べるだけ。

しばらくもぐもぐしていると、一人の女性がワシの隣の席に着席。

絵描きの女性と、どうやら待ち合わせをしていた様子。

別に聞き耳をたてているわけではないが、

隣の会話が耳に入ってきた。

どうやら、絵描きの女性は、日本語の先生で、

後からやってきた女性は、その生徒だったみたいだ。

なんだか、授業が始まったみたいだ、マックで。

先生「あなたは、今日の朝、何を食べましたか?」

生徒「・・・・、えーと、ゴハンと、えーと、たまごを食べた。」

先生「そうですか、では、お昼ご飯は何を食べましたか?」

生徒「・・・・・、お昼?ごはん?、食べてないです。」

先生「あらあら、どうして食べなかったのですか?」

生徒「・・・。えーと、ん、There is no spare time which・・・・・」

先生「うーん、英語はダメよ~。」

生徒「す、スミマセン」

ってな感じで、授業が淡々と進んでいく。

あの画用紙に書いた絵を使いながら。

世界一難しいと言われているかもしれない日本語。

難しいからこそ、教室ではなく、こんなところでフランクに学ぶのが、

ええんかもしれんですね。

聞き耳を立てているわけではないが、自然に耳に入ってくる。

なんとなく、自分も授業を受けている気になる。

先生は生徒に対して、いろんな質問を投げかける。

生徒は先生に対して、必死で回答をぶつけている。

間違えたって、かまわない。

間違いこそが、成長の時だ、的な。

すると、先生から一つの質問が飛んだ。

先生「あなたは、休みの日は、何をして過ごしていますか?」

すると、生徒は悩みながらも、こう答えた。

生徒「・・・・、あ~。えーっと。・・・・、生きてます。」

目から鱗というのは、まさにこういうことだ。

思わず、口に運ぼうとしていたポテトを落としてしまうほどの、

思わず、二度見してしまうほどの、

心に衝撃が走った。

ような気がした。

いや、たぶん、衝撃は走ってない。

二度見もしてないし、ポテトも落としてない。

ライフ・イズ・ビューティフルですね。

英語で書くと、「Life Is Beautiful」

フランス語で書くと、「La vie est belle」

ロシア語で書くと、「Жизнь Прекрасная」

韓国語で書くと、「인생은 아름 답습니다.」

ヒンディー語で書くと、「यह जीवन」

日本語で書くと、「人生は美しい」

世の中、生きているだけで、美しいんですよ。

それだけでいいんですよ。

っと、思ったかどうかは、さだかではないが、

今度、誰かに休日の過ごし方を聞かれたら、

そう答えてみよう。

女「え~、休日とかってぇ何されてるんですかぁ???」

男「・・・・・。生キテマス!」

女「す、素敵!」

んな、アホな。
[PR]
by succhinnmax | 2012-12-02 03:19 | ★旅★
f0125914_2561527.jpg

今日、帰り道のできごと。

夜、最寄りの駅で電車を降り、

改札へ向かい、ホームを歩いていたとき。

急に横から、

「すみません!!駅員さんおねがいします!!」

っと、男の怒鳴り声とも言える大きな声が、

イヤホンを通り越して聞こえてきたもんで、

何事かと思って、見てみると、

叫んだ男のそばて、明らかに具合が悪そうに横たわる女性が一人。

なんとか意識をたもっていた様子で、

なんとも言えない表情で、ゆっくりと起き上がるのが見えた。

電車も発車を見送っているようで、ちょっとだけざわついている様子。

そんな時、ワシのiPodから流れていた曲はというと、

PUFFYの『渚にまつわるエトセトラ』。

こんな時に、なんとも場違いな陽気な唄が、流れていた。

♫カニ食べ行こう~♫

蟹、食べ行っとる場合ではない。

♫はにかんで行こう~♫

ニヤついている場合ではない。

♫あまりにも絵になりそうな♫

なんて失礼な。

♫魅力的な長いハッピービーチ♫

happyな気分ではない。

♫渚へ行こう♫

きっと、渚へ行く元気は無いと思う。

♫乗り込んで行こう♫

だから、そういう気分ではない。

♫リズムがはじけて恋するモード♫

こんな時に出会い?ドラマの見すぎか。

・・・・・。

そんな感じで、そっと、iPodの電源を切るのであった。

いや、叫んだ男の人、すごいと思うよ。
[PR]
by succhinnmax | 2012-11-24 03:16 | ★旅★
f0125914_1415612.jpg

[PR]
by succhinnmax | 2012-06-17 01:43 | ★旅★
f0125914_192642.jpg


ささだんご、お土産にいただきました!

あざーっす!!!!

今日から、毎朝食べます!

朝は、甘いもんが食べたいですからね~。

そして、今日は、お好み焼き大好きな課長さんから、

おいしいお好み焼き屋情報をいただきました!

情報を頂くのは、かなり久々です!

お店は、神田にある『おこにゃん』というお店っす!

http://r.gnavi.co.jp/e980100/

お昼に行くと、漏れなくビールかコーヒーがいただけるらしいですよ!

ソースは、「ミツワソース」を使っているらしいです!

ミツワソース、知らなかったですけど、

オタフクソースの次の次ぐらいに有名なソースらしいっす!

是非、神田周辺に行ったときは、寄っておきたい場所ですね!

ちなみに、オタフクソースの次に有名なカープソースのホームページで、

ファミスタのホームラン競争が無料で遊べます!

http://www.okonomi-kid.com/

あと、神田には、ハンドボール専門店の『PRO SHOP HANDBALL7 』があります!

1回だけ行ったことあります!

ハンドボール(室内用)を買いました!

ちなみに、今年のインターハイは、

宮崎県代表の県立小林秀峰高等学校が優勝したみたいですね!

宮崎県と言えば、小林工業だったんですけどね~。

あと、相変わらず、茨城県は強いですね~。

女子は、山口県代表の県立華陵高等学校が優勝ですね!

http://www.handball.jp/games/2011/in_high/2011in_high.htm

岩手県で開催されたっていうところが、いいですね~。

あと、大会名の正式名称、

「平成23年度全国高等学校総合体育大会 兼

高松宮記念杯第62回全日本高等学校ハンドボール選手権大会」

いつもながら、長すぎ。
[PR]
by succhinnmax | 2011-08-16 01:29 | ★旅★
f0125914_4481355.jpg
f0125914_4481926.jpg

[PR]
by succhinnmax | 2011-06-15 04:49 | ★旅★
f0125914_12231392.jpg

21世紀美術館。

未来的な透明感の高い美術館。

『L'Origine du monde』っていうタイトルの作品がありまして、

ただ、斜めの壁に穴が空いているだけなんですけども、

なんとも異様な雰囲気で。

穴が空いているのか、壁に黒丸が書かれているのか。

人間の視覚の限界を無意識に知らされるような感じの作品でした。

ま、この作品を見ている間。

キン肉マンに出てくる悪魔超人ブラックホールが頭から離れなかったですけども。

これは、必見ですね。

写真撮影が基本的にほぼ禁止だったので、絵がないのですけども。

ちなみに、『L'Origine du monde』で検索すると、

別の同名のエロティックな絵画がひっかかるので、要注意です。

展示作品で、唯一写真撮影が可能なのが、このプール。

▼『スイミング・プール』
f0125914_12232087.jpg

[PR]
by succhinnmax | 2011-06-11 12:48 | ★旅★
この土日は、ちょいと、北陸の旅へ。

皆様、どうもオツカレサマデシタ!

いろいろと、ありがとうございました!

▼21世紀美術館にて、『雲を測る男』
f0125914_22331895.jpg

[PR]
by succhinnmax | 2011-06-05 22:41 | ★旅★
f0125914_23474930.jpg

昨夜未明、雪降り積もる深夜遅く。

街の片隅につくられた小さなかまくらに、

身体から噴き出したと思われる血痕が発見されました。

近所の住民の目撃情報によりますと、

事件が起きたであろう数分前に、3人の男の影が見えたとのことです。

そして、会話が・・。

S「お金、取ってないっすよ~。」

K「いや~、もっていったでしょ~。間違いないでしょ~。」

M「まぁまぁいいじゃん、そんなの、はした金じゃん。」

S「そっすよね~。そっすよね~。」

K「いや~、それはないでしょ~。大事ですよ。そこ。」

M「まぁまぁ、だったら、お金、あげるよ~?」

S「あ、マジっすか?あざーっす!」

K「そゆこと?いや~。。。」

M「ま、これで焼き肉でも行く?」

こんな会話を近所の主婦がきいておりました。

一人3役で、情報を提供頂きました。

この証言をもとに、事件はおどろくべき結末を迎えようとしております。

時はさかのぼること数時間ほど前。

Sは、旅館の3人分の宿泊代の30万円をおかみさんに払ったようです。

おかみさんは、優しいので、25万円で泊めてくれました。

5万円を持って部屋に戻るとうまく3人でわけることができないと思ったSは、

2万円を自分のポケットにしまい、

部屋に戻ると、「おかみさんが、一人1万円、割引きしてくれました!」

っと言いました。

そして、万札を1枚ずつ、KとMに渡しました。

では、問題です。

宿泊代は一人1万円の割引で、3人で27万円。

さっき、Sがポケットに2万円を入れてしまったので、

合わせて29万円。

果たして、残りの1万円は?

という、よく聞くナゾナゾで話がおわるはずだったが、

Mが、「この1万円、いらないからどっちかあげるよ~。」っと、

いつもの太っ腹発言によって、

このナゾナゾは成立しなくなってしまったことに、

この事件の真相が隠されているかどうかは、定かではない。

KとSは仲良く5千円ずつわけることにしたのだが、

夜も遅く、コンビニもファミレスも無いこの山奥。

両替する手段がないので、いたしかたなく、

Sはこの1万円を握りしめて、

雪の降り積もる山の中へ走り出したのである。

あわててMとKもそれをおいかけるのでありますが、

あたりは一面、雪、雪、雪。

Sを追いかけるMとK。

MとKから逃げるS。

Sを追いかけるMとK。

MとKから逃げるS。

やっぱり全額払ってほしくて、S、M、Kを追いかけるおかみさん。

逃げて逃げた先にみつけたかまくらに身を隠すS。

あっさりとSをみつけるMとK。

S「問題です。女医、女警官、エロメガネの女教師。一番、巨乳なのは誰でしょう?」

悩む、MとK。

答えがわからず、苦悩するMとK。

そのすきに、必死に1万円をお尻の穴に入れようとするS。

なんか、こういうの、外国の刑務所の映画で見たことある~。っと。

何かをお尻の穴に入れるのに気づいたMとK。

すでに、1万円札の、3千円分ぐらいはお尻の穴に預金したS。

それを必死に止めようとするK。

あきらめて帰るおかみさん。

これからのことも考えて、10万円ほどそのお尻の穴に預金しようとするM。

そこに通りかかる、町の警察官。

強姦、恐喝、わいせつ物陳列罪の疑いで、あえなく逮捕となったK。

500万円の小切手で、町の警察官を買収するM。

警察で身柄を保護されたが、

身体検査でお尻の穴の預金がみつかって、精神病棟へ送られたS。

この日から、それぞれ別の道を歩みだした3人。

そして、10年の月日が流れたのであった。

10年の空白の時間。

埋めることのできない、空白の時間。

10年前から縮まることのなかった時間という名の距離が、

雪解け水とともに、流れ出す。

それぞれが違う場所から、違う人生をあゆみながらも

やがて、ひとつの場所に集う。

はたして、10年の月日を経て、

それぞれが導き出した、それぞれの答えとは。

一見、無関係な人々の人生が少しずつ交錯し、やがて奇跡を起こす。

偶然出会った3人の、人生を紡ぐ、感動のサクセスストーリー・・・。

『おすぎです。

見ているうちに、心にじんわりと、そして深い愛につつまれて、

涙が、止まりません。

宣言します。

これは、今年、ナンバーワンの日本映画です。』

4/1、待望の全国ロードショー。

乞うご期待!

前売り券は、豪華キャラクターストラップ付き。
f0125914_05859.jpg

[PR]
by succhinnmax | 2011-03-04 01:24 | ★旅★
f0125914_23592142.jpg

雪なのか。空なのか。

白色に飽きるという貴重な経験。

帰りの新幹線。

どんなに進んでも、窓に広がるのは、白い世界。

うとうとしたら、あっという間に、灰色の世界。

こんなにも、世界が違うとは。

こんなにも、ごちゃごちゃしているとは。

何のために、ここに帰るのか。

何の目的で、ここに帰るのか。

家があるから帰るのか。

働くために帰るのか。

誰も待ってないのに?

ただいまって言わないのに?

"家に帰る"って、なんなんでしょうね。

"家に行く"なんだと思ってしまいますね。

適当を信念に、時の流れるままに生きてきた罰ですな。

天罰ですな。

そういうのを、考えさせられた旅でしたな。

なんとも、哲学的な!!

我ながら、いいこと書くね!!

っと、言っておきましょう!

f0125914_23592748.jpg

[PR]
by succhinnmax | 2011-03-03 00:28 | ★旅★
銀山温泉の街並みを堪能しまして。

宿に帰って、温泉は行って、寝湯でだらだらして。

部屋でトランプして、笑い疲れて。

先輩が先に寝てしまい。

課長も会話の途中に寝てしまい。

夜はまるで動物園の折の中に閉じ込められたような騒ぎでして。

貴重な体験をさせていただいたとともに、ほとんど寝れず。

朝6時に予定していた岩盤浴にも行けず。

まぁなんとももったいないことをしてしまいました。

f0125914_2118143.jpg

旅館から出ているボンネットバスで、大石田駅へ。

んで、新幹線までの2時間を散策でつぶすことにしまして。

まぁ特になにがあるような場所でもないんですけど。

ぶらぶらと。

ところどころに、どこかの芸術家が作ったかのような雪のオブジェが。

雪国ならではの風流な景色でして。
f0125914_21181918.jpg

ぶらぶらすると、現れたのが最上川!

なんとも優雅な川ですな。

さすが、一級河川!

県をまたがない川としては、日本一長いらしいですな。

まぁ最上川って言うんですから、日本一の1個や2個は。

それにしても、どこまで行っても、白白白ですな。

f0125914_21182686.jpg

[PR]
by succhinnmax | 2011-02-27 21:39 | ★旅★