<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

★広島帰省★

↓四川飯店で豪遊★
雲白肉(ウンパイルー)という料理で、豚肉の薄切りガーリックソース炒め。¥1890
2回四川に行ったけど、合計2万円ぐらい食べたかな。
バイトしていた頃と同じ味だった!!!
f0125914_1201381.jpg

↓小学・中学時代の友達の結婚お祝い!
アヒルのオモチャをたくさん!
かなり幸せそうだったので、さらに幸せになってもらいたい★
f0125914_1162881.jpg

↓縮景園で散歩
かなりの暇つぶし!
平日に帰省すると昼間とか全くトモダチがいなくて暇すぎ!
ま、なんか和んだ。
f0125914_1143351.jpg
















↓平和記念資料館に行ってきた!資料の一部。
これも、暇つぶし。
f0125914_1255752.jpg
略すと以下
「僕の目の前を赤トンボがすいすいとんでいって
前の兵の上にとまった。
僕は立ち上がり、ボウシを手にもつと、
赤トンボを取ろうとして
手を伸ばしたとたん・・・」
大人になって改めて資料館へ行っていろいろ学習してみると、
戦争ってスゲかったのがよくわかる。
小学校・中学校でする戦争とかの授業を真面目に勉強するべきだったかと思った!
[PR]
by succhinnmax | 2007-03-29 01:44 | ★広島★

★ひろしまお好み物語★

f0125914_15254681.jpg

広島駅前にお好み村に続く、お好み焼き屋の集合ビルが出来ていた!その名も『ひろしまお好み物語』!全店舗数26軒!昨日は『電光石火』という店に行ってきた★
焼く時に鉄板にキャベツなどの具を押し付けず、出来上がりが非常にふっくらしたお好み焼きは珍しかった。スゲー旨かった!
[PR]
by succhinnmax | 2007-03-25 15:25 | ★広島★

★てつのくじら館★

f0125914_2213811.jpg

呉市自衛隊呉史料館『てつのくじら館』が4月からオープン!
さっき友達と見てきた!夜じゃけぇ画像も悪し。潜水艦が堂々とyoumeタウンの前に上陸!呉はもっと潜水艦をアピールするべきだと思っていた矢先にこんな史料館ができていた!
明日、昼間にしっかり見に行こう!
とりあえず今日は雨じゃったので友人と卓球やらメダルゲームやら。夜は四川飯店で豪遊★
[PR]
by succhinnmax | 2007-03-24 22:01 | ★広島★
f0125914_2135729.jpgf0125914_21352590.jpg過去、年末に放送された草彅剛主演の戦国記。
こういう映画を見ると、戦国時代の武将の印象がガラッと変わる。
豊臣秀吉がこんなにも人間的に優しい人だったのかーっと。
[PR]
by succhinnmax | 2007-03-16 21:48 | ★映画★

★財布★

f0125914_21253367.jpgf0125914_21255467.jpg
















GALLERY1950×PORTER 財布
¥6090円
小さい小銭入れだった。頑張って使おう。
[PR]
by succhinnmax | 2007-03-15 21:29 | ★買い物★

★任天堂DS★

f0125914_19134477.jpg

とりあえず、同期の藤川君にマリオブラザーズとFFⅢを借りました!まだ全然やってないけど。
さっさと本体を買おう!
[PR]
by succhinnmax | 2007-03-13 19:13 | ★私生活★

★後輩の個展★

f0125914_1049915.jpg

後輩の個展へ行ったときの写真!
去年の10月のかなり昔の写真だが、貴重な思い出として、
掲載。
[PR]
by succhinnmax | 2007-03-12 10:51 | ★私生活★

★菊次郎の夏★

f0125914_8124896.jpg(あらすじ)
 母を探す少年と中年男との旅を描いた北野武監督によるロードムービー。これまでの北野作品とは一転、鋭利なバイオレンス描写を排し、ヒューマン・タッチの温かな作品に仕上がっている。ビートたけし、関口雄介、岸本加世子、吉行和子共演。祖母と暮らす小学3年生の正男は、夏休みを利用して写真でしか見たことのない母に会いにゆく事を決意。そんな正男を心配した近所の主婦は、無職でブラブラしている自分の夫・菊次郎を同行させる。嫌々引き受けた菊次郎は、少年との旅も右往左往でいい加減。だがそんな2人の間にもやがて交流が生まれ、ついに正男の母と対面の時を迎えるが・・・。




北野武と久石譲の共演。
意外と昔の映画で、1999年のビートたけしはかなり若いです。
グレート義太夫とか10年ぶりぐらいに見ました!
母親に会いに行くっていう目的がありながら、母親との対面がクライマックスでない感じは
なんか、新鮮だった。
[PR]
by succhinnmax | 2007-03-12 08:26 | ★映画★

★嗤う伊右衛門★

f0125914_447638.gif (あらすじ)
切腹を命ぜられた父親の介錯をした後、浪人へ身を落とした伊右衛門。だが、物静かで家事を好む彼は、その身分に甘んじることを苦とせず、真面目な暮らしを続けていた。一方、凛とした佇まいから美しいと評判の民谷岩。ある時、彼女は悪病に冒され、顔の右側が崩れてしまう。しかし、周囲の人々の冷たい反応をよそに、岩は自分を失わず生きていた。そんなある日、伊右衛門は御行乞食の又市から民谷家への婿入り話を勧められる。そして夫婦となった伊右衛門と岩は、次第に互いを理解し、やがて深く愛し合っていくのだが…。






DVD購入。
純粋に、単純に、『恋愛時代劇』かと思っていたけど、実はホラー映画!!
「四谷怪談」っという昔の怖い話を元に作成された映画だった!!
あの、有名な「お岩さん」だ。
まったく思っていたものと見当違いな映画で、かなびビビった。
「四谷怪談」をあまり知らないからか、正直、話の内容がよくわからんかった。
時代劇ってこともあって、言葉が聞き取りにくいけど、そこは時代劇の魅力でもあると思う。
ラストに小雪と唐沢寿明の死体のシーンの"引き"で終わるのだが、
引いていくと、現代の東京が映し出される。
最終的には東京タワーが写って、幕が降りる。
「昔話」っという意味なのか、「都市伝説」的な印象を持たせるためなのか、
時代劇のラストが現代の高層ビルの映像で終わるとは、かなり印象深かった。
[PR]
by succhinnmax | 2007-03-08 05:09 | ★映画★